ファッションデザイナーのお仕事・年収・転職事情

ファッションデザイナーの仕事とは

アパレル業界の花形的存在であるデザイナーは、服や服飾小物のデザインを考える仕事です。

独立して自分の事務所を持つデザイナー(オートクチュールデザイナー)もいますが、多くはアパレル企業に勤務する企業内デザイナーです。

企業内デザイナーの場合は特に売れる服作りが求められるため、マーチャンダイザーと協力して、トレンドや競合の調査からターゲットのニーズに合わせたコンセプトの立案を行うなど、デザイン力以外にマーケティング的なセンスも求められます。

また、デザイナーは服作りにおけるディレクター的存在です。

素材選びから、カラー、シルエット、またどんなパーツを使ってどんな縫製をするのかまで、細かくイメージしてデザイン画を作成します。

パタンナーが作成した型紙に基づいて仮縫いをして、工場でサンプルを作り、細かい仕様書をまとめることもデザイナーの役割です。

このように、デザイナーにはパタンナー、マーチャンダイザー、生産管理、外注工場など多くのスタッフとの共同作業が求められるため、コミュニケーション力もデザイナーとして成功するためには不可欠な要素です。

デザイナーになるためには

デザイナーになるためには、服飾系の専門学校や大学などに通い、洋裁・パターンメイキング・ファッションの知識を体系的に学んだ上で、アパレルメーカーに就職するのが一般的な道です。

就職先も多いとはいえず競争の激しい狭き門ですが、在学中にコンテストなどで入賞経験があればアピールポイントとなります。

入社後は、アシスタントやパタンナーとして経験を積みながら、技術やセンスを磨き、デザイナーとしての実力をつけていきます。

また、数は少ないものの著名なデザイナーに弟子入りする、海外の専門学校に留学する、ネットを利用してインディーズブランドを立ち上げるなどの道を選択する人もいます。

デザイナーの平均年収

一般的なデザイナーの初任給は15万円~20万円程度です。

その後の年収はおおむね20代後半で300万円程度、30代で350万~400万円程度が相場です。

とはいえ実績を積み契約デザイナーとなれば年収1000万円以上も可能ですし、独立して海外でも認められるような存在となれば、年収数億円といわれています。

デザイナーの転職のポイント

デザイナーの転職活動においては、なぜこのブランドなのかという明確な志望動機に加え、デザインスキルをアピールするビジュアル資料の分かりやすさが重要です。

求められるスキルとしてはIllustrator、Photoshopなどデザインに必要なグラフィックソフトのスキルに加え、Excel、Wordなど一般的なパソコンスキルも欠かせません。

また、コミュニケーション力も重要な仕事ですから面接で筋道立てて自分の考えを伝えられることや、好感を持たれるような話し方ができることなど、基本の人間力も当然大切なポイントとなります。

デザイナーの転職市場の近年の傾向としては、ブランドデザイナーの求人が減少傾向でOEM/ODMの求人が増えてきています。

OEM/ODMデザイナーには幅広い商材への対応力や、シビアなコスト感覚が求められますが、一般なアパレルメーカーと比較すると給与水準は高い場合が多いようです。