アパレル営業のお仕事・年収・転職事情

アパレル営業の仕事とは

営業の仕事は、どのような業種であれ自社商品を取引先に売り込むことです。

したがって、アパレルの製造販売会社や卸会社あれば、百貨店や服飾専門店や量販店が営業先になります。

より多くの自社製品を置いてもらい、自社の売り上げに貢献することが営業の役割です。

普段から営業先をまわってバイヤーや百貨店の担当者などとコミュニケーションを取るとともに、展示会や販促イベントなどでの商談が重要な機会となります。

販売の現場と本社を行き来する営業という者職種の性質上、純粋な営業活動以外にも、会社内のさまざまな部署と取引先及びショップの販売スタッフとをつなぐ架け橋的存在でもあります。

アパレル営業になるためには

アパレル営業にもファッション業界の専門知識は必要ですが、コミュニケーション能力が重要な職種のため、他業界での営業経験も十分に活かせますので、比較的転職はし易いといえます。

また、未経験可の求人も少なからずあるため、アパレル営業に初めてチャレンジする方にも門戸は開かれています。

アパレル営業の平均年収

アパレル営業の平均年収は、20代後半で350万円前後、30代前半で400万円代前半、30代後半で500万円弱となっています。

アパレル営業の転職のポイント

アパレル営業職にどの企業も共通して求められることは、販売戦略の提案ができて、売り上げを作れる力があることです。

業種を問わずこれまでの実績を具体的な数字でアピールすることが好条件での転職を成功させるためには重要です。

また、未経験歓迎の企業もあるため積極的にチャレンジしてみても良いでしょう。