アパレル業界に就職する方法

アパレル業界に就職する方法

アパレル業界はその華やかなイメージから、就職希望者が多くいる業界のひとつです。

もし、あなたが「アパレル業界であればどのような形でもいいから就職したい!」というのであれば、それを叶えることは比較的難しいことではないでしょう。

しかし、働きたい業種や仕事内容、会社の規模などで絞り込んでいくとなかなか希望通りの形での就職は難しくなっていきます。

特にデザイナーやパタンナーなどのクリエイティブの専門職であれば、ファッションの専門学校や大学の服飾科などの出身でないとスタートラインにつくことすら難しいでしょう。

その一方で販売や営業職など、学歴に関係なく門戸を広く開いている職種もあります。

アパレル業界への就職するためのさまざまな道筋

アパレル業界へ就職するというと、「新卒→就職」という道がまず思い浮かぶかもしれませんが、実際にはさまざまなルートがあります。

アルバイトから就職を目指す

アパレル業界では、アルバイトの正社員登用はさほど珍しいことではありません。

希望の企業でまずはアルバイトとして働きながら、翌年以降に新卒と同じ条件で就職試験を受けることが可能の企業も多くあります。

入社できる確約はありませんが、会社も本人もその企業との適性をお互い確かめてからの就職となるため、ミスマッチが少ない方法です。

また、学生の場合でもアパレル企業でアルバイトをしながら、専門学校などに通い、学校でファッションの専門知識を学びつつ、アパレルの現場を体験できるため、効率的にアパレル業界のことを知ることができ、就職活動の際にもより幅広い視点で応募企業選びができるメリットがあります。

専門学校や大学から就職する

目指すべき職種が明確であれば、やはり服飾系の専門学校や大学はアパレル企業の就職には有利です。

デザイナー・パタンナー志望であれば、服飾系の学歴は必須です。

なお、服飾系の専門学校は、カリキュラムが非常にタイトなので、中々アパレルの現場でアルバイトしながら卒業するのは難しいかもしれません。

その分、在学中にコンテストなどに応募して成果を上げれば就職に有利なだけでなく、学生時代からデザイナーとして活躍することも可能です。

なお、最初から服飾系の学校にいくような方は、アパレル業界に対する夢が大きい傾向もあるので、できることならばインターンで就職前に現場の実態に触れてみることも大切でしょう。

また、将来的にバイヤーやMD(マーチャンダイザー)または生産管理系を目指すのであれば、英語やイタリア語・中国語などの語学スキルは大きなアピールポイントとなりますので、学生時代に力を入れておくべきでしょう。

専門学校と大学両方を卒業してから就職する

時間と費用はかかりますが、大学と服飾専門学校両方に通った後にアパレル企業に就職するパターンもあります。

一般の大学在学中にアパレル業界を志し、改めて服飾専門学校に通うケースや、美大などでアートやデザインなどを学び、さらに洋裁の基礎を学ぶために専門学校に通うケースなどさまざまですが、最もバランス良く学ぶことができる方法です。

有名デザイナーでは山本耀司氏(慶応義塾大学→文化服装学院)がこのパターンです。

いきなり起業する

自分の技術やアイデアに自信があれば、就職ではなく起業も選択肢に入ります。

現在では主にネットやSNSの発達により、起業のハードルはさほど高いもではありませんので、大きな借金をしないで済む範囲であれば起業も十分現実的な方法として検討してもよいでしょう。

アパレル業界で求められる人材とは

最後に、某有名セレクトショップの採用条件をご紹介します。

① 服好きであること
② プラス発想であること
③ 笑顔が素晴らしいこと
④ デジタルスキルがあること

①は必須であり、センスの有無は別として、服が好きでなければそもそもアパレル業界を志望する理由もないでしょう。

②のプラス発想も、ファッション業界では、常に新しい情報を積極的に取り入れながら新しいトレンドを提案するかめには必要な条件です。

③の笑顔は、アパレルに限らず周りのスタッフと協力して仕事を成し遂げていくはためには、社会人として必要なことといえるでしょう。

④のデジタルスキルは現在のアパレル業界においては、職種を問わず必要なスキルです。

以上の4つは、デザイナーであれ、営業であれ、ショップの販売であれアパレルに関わる全ての人間に求められることです。

これらのことを心がけ、情熱を持って仕事ができるような職場は見つけ出し下さいね!