未経験でアパレル転職する前に知っておきたいこと

未経験でアパレル転職する前に知っておきたいこと

アパレル業界に未経験で転職する方は少なくありません。

ただし、職種によってはその難易度は異なり、未経験歓迎の職種から、未経験では限りなく難しい職種もあります。

アパレル業界で未経験歓迎の職種

アパレル業界の中で、最も未経験でもチャレンジし易いのはやはりショップでの販売職でしょう。

求人の数も多く、アルバイトや派遣からでもスタート可能なところが多くあります。

なお、アパレル販売未経験であれば派遣から始めてみることもおすすめです。

まずは派遣で一定期間働いてアパレルに自分が向いているか判断することができますし、ほとんどのアパレル専門派遣サービスでは、未経験者向けの研修制度が設けれていて、基本的な知識や技術を教えてもらうことができるからです。

販売職についで未経験でも転職しやすいのは「営業」です。

アパレル業界の「営業」は一般的には百貨店や量販店などに自社商品をできるだけ多く取り扱ってもらうための売り込みをするとともに、取引先に頻繁に足を運ぶため、会社の窓口役として、社内のさまざまな部署と取引先をつなぐ役割を担うことが多いです。

したがって、専門性というよりも、コミュニケーション能力が求められる場合が多く、比較的未経験でも仕事がやりやすいためです。

また、他業界での営業経験などもアピールポイントとなりますので、アパレルは未経験でも営業職自体の経験がある方には狙い目といえるでしょう。

「営業」以外にも他業界での経験が活かせる職種としては「プレス」があげられます。

プレスの仕事ではは、アパレル以外での広報関係の経験が活かせますし、雑誌やマスコミ媒体とのやり取りが多いことから、雑誌編集やマスコミ関係の経験があればウリになります。

未経験での転職が難しいアパレル業界の職種

未経験での転職が難しい職種の代表は「デザイナー」・「パタンナー」です。

この2つの仕事には洋裁や素材、ファッションデザインの基礎知識が不可欠であるため、未経験での転職は基本的には不可です。

どうしてもこれらの職種への転職をしたい場合には、会社に勤めながらでも通えるデザイナー・パタンナーの学校もありますので、そこで基礎知識や技術を身につける必要があります。

もちろん、服飾系の専門学校や大学を卒業後、他の業界で社会人経験を積んだ後に転職するパターンはありです。

それ以外では、バイヤーやMD(マーチャンダイザー)、VMD(ビジュアルマーチャンダイザー)なども専門性が高い職種であり、いきなり未経験からの転職は困難でしょう。

未経験ならまずは販売職からがおすすめ

アパレル業界に未経験で転職するのであれば、やはりまずは販売からスタートするのがおすすめです。

これは単に転職しやすいからというだけではなく、店頭での販売はアパレル業界で仕事をしていくための基本がつまっているからです。

実際、ほとんどの会社では新卒採用者の場合、デザイナーや人事総務などの職種での採用であっても一定期間の店頭での販売研修を義務づけています。

また、ショップでの販売で入社した後に、成果や能力が認められバイヤーやVMD(ビジュアルマーチャンダイザー)などの本社職に抜擢される場合もありますので、将来的には他の職種への転身も可能です。

どのような職種希望であれ、(デザイナー・パタンナーは除く)もしあなたが憧れのブランドで働きたいと考えているのであれば、まずは販売職でその企業へと入社してしまうことが一番の近道になるかもしれません。