アパレル転職の面接で選ぶべき服装とは?

アパレル転職の面接で選ぶべき服装とは?

アパレル業界ならではの面接の重要ポイントのひとつが、面接時の「服装」です。

服を扱う仕事である以上、当然といえば当然ですよね。

アパレル面接は「服装自由」が基本

企業側も応募してくる人が、自社のブランドイメージに合う人材なのかを見極めるために、「カジュアルな服装でお越し下さい。」などといわゆる服装自由の面接が多くなっています。

なお、この私服面接の指定は販売員やデザイナー、商品企画などアパレルの現場やもの作りに携わる職種の場合に多くなっており、営業や管理部門などの本社勤務の面接では、スーツで問題ないでしょう。

※販売職でもスーツを支給されて店舗に立つようなブランド(ラグジュアリーブランド等)は例外です。

もちろんスーツと言っても、いわゆる「リクルートスーツ」はアパレルに対する興味を疑われるため避けるべきで、理想は応募する企業のブランドのスーツ、無理な場合でもなるべくそのブランドのイメージやテイストに近いスーツを選びましょう。

また、その場合にはスカーフなどの小物でその企業の商品をコーディネートに取り入れることで、好感度アップが狙えます。

私服面接の場合のポイント

まずは、アパレル業界に限らず、面接時の服装の基本として抑えるべきは「清潔感」です。

服にしわやシミはないか、また、髪形などにも気を使い、最低源の身だしなみが整っていることが基本のキです。

また、コーディネートに関してはトップス、ボトムスだけでなく、アパレル業界の場合には靴や小物選びもしっかりチェックされるので抜かりなく準備しましょう。

ブランドのイメージや世界観などについては、そのブランドのお店に行ってチェックするが一番です。

販売員のコーディネートや、メインウインドウや店内のボディを見ればそのブランドの旬のおすすめは一目瞭然です。

なお、時期によってはかなり季節を先取りしているコーディネートの場合もありますが、ファッションには多少のやせ我慢も必要ということです(笑)。

ショップの見学は面接対策としても必須です。

そのブランドの商品やお店に対する自分なりの考えを聞かれることは、アパレル面接の大定番ですからしっかりとまとめておく必要があります。

アパレル面接で避けるべき服装

アパレル面接で避けるべき服装

そのような基本を抑えた上で、私服の面接といっても、あまりにカジュアルすぎる服装や、露出が多すぎる服装はいただけません。

具体的にはTシャツやダメージ加工の穴空きデニムなどは、基本NGです。

また、それ以外にも

・全身そのブランドオンリーの服装(たいがいの場合、お洒落さに欠けるコーディネートになりがち)
・他ブランドのロゴがでかでかと入った服装や小物(ケンカを売っていると思われます・・・)

なども避けるべきでしょう。

なお、面接では「今日のコーディネートのポイントを教えて下さい。」と聞かれることも少なくないため、しっかりアピールできるように準備しておいてください。

まあ、服が大好きなアナタなら余裕ですよね~(笑)。

それではこの記事を参考にばっちりとコーディネートを決めて、面接を大成功させて下さいね!