アパレル生産管理のお仕事・年収・転職事情

アパレル生産管理の仕事とは

アパレル生産管理は商品企画で決まったデザインが、実際に商品になるまでのプロセスを担う仕事です。

具体的な仕事の流れとしては、生産する工場を決め、素材を確保しサンプルを発注するとともに、一着あたりのコストを計算し、展示会後のオーダー数に応じて実際の商品生産に入ります。

コストを抑え、効率良く商品を生産するためには、工場の生産能力を見極めたり、商品の質や生産体制についてのさまざまな交渉をする必要があります。

工場が海外にあることも多く、中国語や英語等の語学力があると重宝されます。

また、生産現場のトラブルが毎日のように起きるにも関わらず、納期は厳守が当たり前の厳しい仕事でもあります。

アパレル業界の中では比較的地味な印象がある仕事ですが、原価計算を行い、生産の流れ全体を管理し、工場とのやり取りを通して商品のクオリティや納期コントロールするという一連の仕事は会社に利益を生み出す根幹となる仕事であるため、小規模アパレルの社長には生産管理出身者が多く存在します。

アパレル生産管理になるためには

アパレル生産管理の求人は少ないながらも安定的に存在するので、新卒での就職も可能です。

転職の場合もちろん経験者有利ですが、アパレル業界以外での生産管理の経験や、アパレル生産管理に関係する縫製技術のある方などはアピールポイントとなるため転職成功の確率は上がるでしょう。

アパレル生産管理の平均年収

アパレル生産管理の平均年収は、20代後半で300万円台前半、30代前半で300万円台後半、30代後半で450万円前後です。

アパレル生産管理の転職のポイント

転職の際には「国内生産に強い」、「特定のアイテムの経験が豊富」など専門性の高いスペシャリストほど転職はし易い傾向にあります。

実務経験の中では、特に工場と直接やり取りしてコスト削減につながる交渉を行った経験が面接でのアピールポイントとなります。

また、語学力や、繊維製品品質管理士(TES)等の資格で自分自身のスキルを証明することもより良い条件での転職を成功させるには大切です。