【アパレル転職その前に】転職活動は会社を辞めてから、働きながらどっちがおすすめ?

転職を決意した後に考えなくてはいけないことのひとつに、現在の会社を辞めてから転職活動をすべきなのか、それとも働きながら転職活動をすべきなのかということがあります。

どちらにもメリット・デメリットはある

実際のところ在職中の転職活動にも、退職後の転職活動にもそれぞれメリットとデメリットが存在するため、いちがいにどちらがいいとは言い切れるものではありません。

したがって、それぞれのやり方の特徴をよく理解した上で判断をすることが必要となります。

働きながらの転職活動のメリット・デメリット

会社に在籍しながらの転職活動のメリットは、まずはなんといっても定期収入があることで、金銭的な不安が無く、心理的にも余裕を持ちながら活動できることです。

また、転職市場でプラスに評価される経験を、現在の仕事の中で積む機会もありますし、実際の仕事の現場に身をおいているからこそ入手できる情報というものもあります。

転職に対するモチベーションの面でも、現在の仕事に対する不満を感じながらの転職活動となるため、維持しやすい状態といえます

逆にデメリットとしては、やはり転職活動に対する時間が十分に取れないことです。

実際の転職活動には、求人情報の収集・検討から企業研究、自己分析、面接対策などいくら時間があっても足りないほどです。

また、面接日程の調整がうまくいかないために、せっかくのチャンスを逃してしまうリスクもあります。

また、転職活動に対するモチベーションが保ちやすいといっても、金銭的に追い詰められていないことが災いして、最後の決断の場面で決めきれずに、転職がだらだらと先送りになってしまうことも気をつけなければいけないポイントです。

働きながらの転職活動を成功させるには

このような特徴のある会社に在籍しながらのメリット・デメリットを理解したうえで転職活動を成功させるためには、

  • 転職が先送りにならないように、目標となる期限を決めておき、そこから逆算したスケジュールをしっかりと立てる。
  • 時間不足対策として、通勤中や移動中などのスキマ時間を徹底活用することを心がけ、志望動機や応募書類の案を練ったり、面接の質疑応答をシュミレーションするなど有効に活用する。
  • 求人サイトのスカウトサービスや、転職エージェントの転職支援サービスなどを利用し、情報収集の効率を上げていく。

などの工夫を行い、限られた時間の中でしっかりと成果につなげることを心がける必要があるでしょう。

会社を辞めてからの転職活動のメリット・デメリット

退職後の転職活動のメリットの第一は、転職活動にかける時間を十分に取れることです。

じっくりと時間をかけて、求人情報を集めのことができ、企業研究も応募書類の作成も自分が納得いくまで行うことができます。

企業側から指定された面接日程に合わせることも容易です。

また、少しでも早く入社してほしいという「急募」の求人の選考では、すぐに働き始めることができることは有利に働きます。

さらに、面接などにはいわば後が無い状態の「背水の陣」で臨めることから、転職への本気度もアピールし易いといえます。

つけ加えて、働きながらでは難しいような資格の取得などにも時間が取れることもメリットのひとつでしょう。

一方で、デメリットとして、収入が無いことによる経済的な不安や、転職活動が長期に渡った場合に転職先を「妥協」して決めてしまうリスクがあることも事実です。

また、離職期間が6カ月を超えてくると、どうしても企業側の印象を悪くなりがちです。

会社をやめてからの転職活動を成功させるには

このようなデメリットに対する対策としては、

  • 失業期間が長引いてしまわないように、在職中から自己分析や応募書類の準備など、できる準備はしておき、自分に合った求人情報が見つかりしだい即行動できるようにしておく。
  • 複数の企業に同時に応募することで、内定のチャンスを増やす。
  • 面接で、離職期間にどんなことをしていたのか聞かれることを想定し、仕事に役立つ知識の勉強やスキル向上のための努力を怠らない。

ことなどがあげられます。

まとめ

ここまで見てきたように、在職中・退職後の転職活動にはそれぞれにさまざまなメリットデメリットが存在します。

もちろん現在の環境や、自分自身の性格などによってメリットがデメリットになってしまうことも考えられるでしょうし、そもそも選択の余地が無いケース(会社の倒産など)も有り得ます。

いずれにせよ一連の転職活動の中でもかなり難しい判断を迫られるポイントですから、熟慮した上で選択する必要があることは間違いありません。