アパレル店長・販売のお仕事・年収・転職事情

アパレル店長・販売の仕事とは

アパレルショップの販売の仕事の中心はやはり接客販売業務です。

お客様へ明るく挨拶を行い、ファッションの専門知識を活かし、服選びのアドバイスやコーディネートの提案を行います。

また、それ以外にもお店を運営するにあたって発生する全ての業務が店長・販売スタッフの仕事となります。

会計業務

アパレル販売の場合、自分が接客したお客様をそのままレジに案内して会計を行い、そのままお見送りをすることも多くなります。

会計中の会話では、次の新作の案内やセールの情報など、次の来店につながるような案内をすることもポイントです。

商品管理

入荷してくる商品の検品や在庫商品の整理を行います。

ストック内のどこに何があるのか、常に見やすく分かりやすく整理整頓を行うことで、必要な商品をすぐに探せるようにしておくことも販売の準備としては重要です。

また、月末には在庫商品の棚卸しを行い帳簿上の在庫と実際の在庫に誤差がないかを確認します。

清掃業務

主に開店前と閉店後の時間を使い、お店の床、棚、フィッティングルーム、ディスプレイなどの清掃を行います。

営業時間中も空いてる時間を利用し、常に気持ちよくお客様が買い物できる状況を維持します。

特にフィッティングルームはお客様が使用するごとに確認し、きれいに保つことが必要です。

ディスプレイ・品だし業務

メインウインドウや店内のボディに着せるコーディネートを決めたり、お店のどこにどんな商品を陳列するのかを決めることも大切な仕事です。

本部の指示があることも多いですが、実際のお店の客層や売れ筋、また在庫の量などによってお店ごとにアレンジすることが必要な場合がほとんどで、店長・販売スタッフの腕の見せ所でもあります。

商品の陳列によってお店の雰囲気はがらっと変わりますので、接客販売の技術と同じくらい売りあげに影響がある業務となります。

顧客情報管理・集客業務

メンバーズカードなどの制度があるお店では、顧客情報をもとにDMやお電話などでショップのイベントやセールの情報をお客様に伝える仕事もあります。

店長・副店長の業務

お店の規模や人数にもよりますが、店長や副店長になれば、スタッフの教育指導やシフトの作成などマネジメントの仕事をするようになります。

また、お店の責任者して、店の予算管理や売り上げ目標の達成のため計画を立てたりもすることになります。

お店の種類で仕事は異なる

なお、一言でアパレル販売といっても、高級ブランドの単独店、百貨店の中のショップ、大手のチェーンの量販型などさまざまな種類があり、それぞれの仕事の内容はかなり異なります。

一般的に商品単価が高いブランド型のお店ほど「接客販売」の仕事が多くなり、商品単価の低い量販型のお店ほど「商品管理・ディスプレイ」などの仕事が多くなります。

アパレル店長・販売になるためには

アパレルの販売をするのに特に資格は必要なく、また未経験でも採用してくれる企業がほとんどなので、アパレルの仕事の中では敷居の低いといえます。

「色彩・カラー子ディネート検定」や「ファッション販売能力検定」などの関連資格もありますが、入社後のスキルアップのために利用される場合が多いようです。

また、アルバイトや派遣で入社し正社員を目指す方も多くいます。

社員のキャリアとしてはまずはスタッフとして入社した後、お店のマネジメントをする副店長や店長に昇進し、さらに実績が認められれば複数の店舗を管理するエリアマネージャーなどになるのが一般的です。

その他にもディスプレイの腕を買われて本社のVMDスタッフとなったり、センスを買われて商品企画になったり、努力次第でさまざまな道があります。

アパレル店長・販売の平均年収

アパレル販売の平均年収は販売スタッフの場合、20代後半で300万円弱、30代で350万円前後です。

店長の場合は20代でも350万円前後,30代で400万円前後となります。

アパレル店長・販売の転職のポイント

アパレル業界の中で、最も求人の数が多いのが販売の仕事です。

土日にお休みが取れなかったり、売り上げの確保のプレッシャーなどから業界
を去る方も少なくないからです。

しかし、その一方で販売や店舗マネジメントのスキルを磨き、お客様と直接触れられるショップ販売の魅力にやりがいを感じている方も多くいます。

企業側でも人手不足の現状を踏まえ、時短勤務や平日勤務などの選択肢を増やしたり、給与水準を改善したりと、就労状況の改善に取り組み始めているような状況です。

求められるスキルとしては、店頭に立つ仕事であることから、笑顔で好感の持てる話し方や、立ち居振る舞いの美しさ・丁寧さなどが基本です。

その他、ファッションやトレンドに対する興味や知識があること、コーディネートのセンスがあることなどが見られるポイントとなります。

また、よりよい待遇を目指すのあれば、売上・予算などの計数感覚がしっかりとしていることが求められるでしょう。